STORY思い出になるケーキたち

STORY

家族の記念日、
大切な人と過ごす時間を、
もっと豊かなものに。
「東京ケーキダイアリー」に込めた思いを、
ストーリー仕立てでお送りします。

「え、ケーキ? 結婚記念日に?」
「そう。だって10周年だし、ちょっとぐらいゴージャスにしたいじゃない?」

そうか10年か、という夫のつぶやきにかぶせるように、つづける私。

「誕生日にホールケーキはマストだけど、でもさ、ケーキって別に誕生日だけじゃなくていいよね。だって、お祝いしたい日ってもっといろいろあるし、それにみんなでケーキを囲む時間の幸福感って他には代えられないし」

「うん、まあ、確かにね」
まんざらでもなさそうな夫の口ぶりが、ちょっと意外だった。

以前から、気になるパティスリーがあった。

スイーツ好きの間では評判で、ずっと行く機会がなかったあのお店。ネット注文でデリバリーできるらしいよ、とママ友からの情報で知り、私の気持ちは、ぐん!と上がった。

しかもそれが冷凍していない“生ケーキ”なのだとか。これは注文するしかない。そう思ったとき、頭に浮かんだのが3週間後の結婚記念日だったのだ。

いつもはこどもの好きなケーキを選んでいるけど、念願のあのお店、今回ばかりは私の好みでセレクトした。もりだくさんなデコレーションをドラマチックにまとめた姿に目を奪われ、サイトで見た瞬間に即決。

「へえ、こんなケーキがほんとに家まで届くんだ」

注文画面をチラ見する夫のテンションも、なにげに上がっているようだった。

当日。せっかくだから、と思って声を掛けた友人ファミリーがやってきた。ひさしぶりー、と座るのも忘れて話が弾んでいたところ不意に玄関チャイムが。来たぞ、ケーキ!

受け取る前に、配達員さんが慣れた手つきで箱を開け、ケーキに崩れがないか確かめてくれる。食べる前に解凍する必要がないから、届けてもらう時間帯を決めやすいのもうれしい。

テーブルの真ん中にゆっくり置く。
途端に、みんなの視線が注がれる。

さあ、はじまりだ。



「ねえ、今度はこの、お人形がドレスを着たようなケーキがいいよう」

夜、楽しかった一日の余韻に浸りながら、ぼんやりと「東京ケーキダイアリー」のサイトを眺めていると、画面を覗き込んできた娘がねだってくる。

「そうねえ、じゃあ誕生日ケーキはこれにしようか」
「うん!」

来月7歳になる長女が、元気よくうなずいた。

fin

ページトップに戻る