「GOOD Meal lab.」の思い 「GOOD Meal lab.」の思い

「Good Meal Lab.」の思い

阪急百貨店が皆様の健康を願ってオリジナルで作った
冷凍のお惣菜です。

「Good Meal Lab.」は、阪急百貨店の社員食堂を監修している
管理栄養士の「毎日食べられる健康に配慮した
日常の食事が少ないから、作ったらどうかな」という一言が
きっかけで生まれました。

たとえば、外食が多い。野菜が足りない。油物が多い。
塩分が気になる。忙しくてちゃんと食事がとれない。
食事作りに時間がかけられない。自炊したいけれど料理が苦手…

そんな方が、日常のおいしい食事をいつでもとれるようにと、
思いを込めました。毎日食べても飽きない、馴染みのあるメニューで、
冷凍で保存できるおかずだけのプレートです。

元のページに戻る

毎日食べていただくための工夫

  • ごはんが進む、しっかりとした味付け

    ごはんが進む、しっかりとした味付け

    塩分控えめというと薄味を想像しがちですが、
    「Good Meal Lab.」はおいしさが魅力。
    香辛料やハーブを巧みに使うことで、しっかりとした味付けに仕上げています。

  • ボリューム感があり、満腹感を得られる

    ボリューム感があり、満腹感を得られる

    エネルギー量が300kcal未満ながら、たんぱく質を摂るための主菜と野菜を
    豊富に使った副菜2~3品をセット。品数が多いのでお腹はもちろん、
    見た目でも満足していただけます。

  • 30種類から選べる豊富なバリエーション

    30種類から選べる豊富なバリエーション

    和・洋・中、エスニックと多彩なメニューの他、季節メニューもご用意。
    飽きずに長く続けていただけます。どれにしようか選ぶ楽しみも。

  • 電子レンジで温めるだけの簡単調理

    電子レンジで温めるだけの簡単調理

    冷凍だからストックできるうえ、電子レンジで温めるだけで簡単にお召し上がり
    いただけます。忙しい主婦の方や外食が多い単身の方におすすめです。

元のページに戻る

体重が気になる方に

  • ごはん1膳(150g)と一緒に食べても560kcal未満。

    「Good Meal Lab.」は栄養バランスを整えるために
    ごはんと一緒にお召し上がりください。口さみしくなってうっかりおやつを
    食べてしまわないためにもごはん1膳をとることをおすすめします。

    ごはん1膳(150g)と一緒に食べても560kcal未満。

  • 栄養バランスのとれた食事の基本

    栄養バランスのとれた食事の基本は、

    • 主食・主菜・副菜を揃える
    • 主食・主菜・副菜の適量を知る

    ・適量は、性別、年齢、身体活動量によって異なります。

    【主食】
    ご飯、パン、麺類など食事の中心的な存在で、主にエネルギー源になる料理
    【主菜】
    肉、魚、卵、大豆製品などを使った食事の中心となるおかずで
    たんぱく質や脂質を多く含む料理
    【副菜】
    野菜、きのこ、いも、海藻などを使ったビタミン、ミネラル、食物繊維を
    多く含む料理

    食べ過ぎや食事の偏りを少しずつ見直し、食生活の乱れを整えましょう。

    「Good Meal Lab.」には主菜と副菜2品以上が入っています。

  • 運動か?食事か?

    「摂取カロリー」−「消費カロリー」=体重の増減消費カロリーのうち、運動でコントロールできるのは、約30%。残り70%は基礎代謝など、あらかじめ決まっています。摂取カロリー=食べるものだから、自分で決めることができます。
    カロリーをコントロールするためには、まず、“食事”を見直すことが、大切なのです。もちろん、基礎代謝の高い体にするためには、筋肉量も重要。エレベーターではなく階段を使うなど、取り入れやすい運動を習慣化することが、筋肉量を増やすことにつながっていきます。
  • ゆっくりがいい。例えば1ヵ月、1kg。

    ダイエットの度に、リバウンドした。そんな経験をお持ちの方が多いのでは?短期間の極端なダイエットではなく、適正な食事量や食事内容を身に付けて、適正体重をめざすのが、リバウンドしにくいと考えます。食事で体重を減らす目安は、1ヵ月、1kg。少ないと思われるかもしれませんが、半年続けると5kg以上減ることにつながります。
  • 糖質を制限しすぎるのは禁物

    ダイエット法として、炭水化物を摂らない糖質制限ダイエットが話題です。しかしながら糖質の摂取を制限しすぎで、エネルギー不足になると、体が省エネ状態になり、基礎代謝が下がり、筋肉も落ちやすくなります。さらに、脳のエネルギー源となるブドウ糖も不足する状態に。また、糖質をさけ、肉中心の食事になると、老廃物を排出する腎臓に負荷をかけたり、塩分過多になる場合もあります。適度な糖質(炭水化物)のある食事を心がけたいものです。
  • 何をどれくらい食べたら?

    ごはんは、体を動かすガソリンです。ぜひ、きちんと食べてください。1食目安は、握りこぶしひとつ分。大柄な方、華奢な方、それぞれに合わせた、握りこぶしひとつ分がおすすめです。「GoodMeal Lab.」では1膳(150g)を目安にしています。メインとなる肉・魚・大豆製品は、手のひらに乗るくらい。1日で手のひら4つ分が理想と考えています。タンパク質は、食事1回で吸収できる量が決まっていますので、朝・昼・夜とバランスよく摂ることが大切です。ビタミン、ミネラル、食物繊維豊富な、野菜の入った副菜は、筋肉をつくるためにも、お通じをよくするためにも必要です。野菜の種類を増やすほど、栄養バランスがよくなります

元のページに戻る

まずは1日1食からスタート

健康が気になるけれど、何から始めれば良いのかわからない方へ、普段の食事を「Good Meal Lab.」に置き換えてみましょう。

まずは1日1食からスタート

通常の食事からエネルギー-498kcal 食塩相当量-4.2g

【参考】 デスクワーク中心の仕事の場合

  男性 女性
摂取カロリー目安 2000〜2400kcal 1400〜2000kcal
塩分摂取量目標 7.5g 6.5g

※1日の摂取カロリーの目安は年齢や身体活動量等によって異なります。

元のページに戻る

「Good Meal Lab.」の食べ方

温め方

冷凍庫から出し、袋に添付のステッカーに
記載の時間を目安に、電子レンジで温めてください。

※温め時間は、電子レンジの機種により異なります。温まり具合を見て調節してください。
温めが足りない場合は少しずつ温めをプラスしてください。
冷たい箇所を広げると早く温まることもあります。

※加熱後に商品を取り出す際は、熱くなったトレーや蒸気によるやけどにご注意ください。

※温めた商品はなるべく早めにお召し上がりください。

※一度解凍したものは、品質が変わることがあります。再冷凍しないでください。

栄養バランスを整えるための食べ方

栄養バランスを整えるために必ずエネルギー源となる
主食のごはんと一緒にお召し上がりください。

ごはんは栄養豊富。1膳(150g)あたり、タンパク質3.8g、炭水化物55.7g、
脂質0.5gのほかにも、亜鉛、鉄分、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維など
さまざまな栄養素が含まれています。

ごはんと一緒に食べた時の栄養を計算すると

ごはんと一緒に食べた時の栄養を計算すると

エネルギー 522kcal
たんぱく質 22.3g 炭水化物 76.8g
脂質 13.4g 食塩相当量 1.9g

ごはんとの組み合わせは大阪府が普及を推進するV.O.S商品に認定されています。

元のページに戻る

継続的な購入をお考えの方に

決めた日に10食セットをお届けする定期便

  • 月1回宅配プラン
  • 月2回宅配プラン
をご用意。

詳しくはお電話(06-6361-1381)でお問い合わせください。

代金引換またはネット決済でご利用いただけます。

元のページに戻る

お客様の声

  • 手軽に栄養バランスの良い
    食事を摂れるのが魅力です。

    40代 / 女性

    外食が続いたり、お茶漬けで済ませてしまうことが多く、栄養の偏りが気になっていました。「GoodMealLab.」は、たんぱく質を摂るための主菜と、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養を摂るための副菜を詰め合わせているから、手軽にバランスのよい食事ができるのがいいですね。冷凍保存なので、必要なときにすぐ準備できるのも魅力。「Good Meal Lab.」のストックがあると思うと気持ちも楽になります。

  • 体重計にのるのが
    楽しみになってきました。

    50代 / 男性

    カロリー300kcal未満と聞いてボリューム感が心配でしたが、1プレートとごはん1杯で満足感があることに驚きました。主菜に、副菜が2~3品。野菜も大きめに切られているから、しっかり噛んでゆっくり食べるようになったのもうれしいですね。1日1食を「GoodMealLab.」に置き換える生活を続けて、最終的には10kg以上の体重減を目指しています。

元のページに戻る

※表示価格は、消費税を含んだ税込価格です。
※価格表記のないものは、すべて参考商品です。

「Good Meal Lab.」トップに戻る
ページトップに戻る