Two Expressions Megumi Ohguri / Kaoru Shibuta

ブランド/ショップ
7月10日(水)〜7月22日(月)
B1 コンテンポラリーアートギャラリー
updated on 2024.07.05

日本的な空気に漂う感覚を丹念に追いながら、ヨーロッパで学んだ構築的な画面構成の中に定着させることを試み続けている大栗恵、音楽や自然音から受けたインスピレーションを絵画へ変換する渋田薫。目に見えない感覚的なものをそれぞれの感性で表現されている
両名の作品から感じられる時間の経過や空気感を、ぜひ会場でご体感ください。

 

●1A Certain Room_07.jpg
大栗恵「A Certain Room  -とある場所-  ACR08」(paper size:W594×H841mm) / Archival pigment print (Washi paper) / Wood panel

 

●2大栗恵_アーティスト写真.jpg
大栗 恵 Megumi Ohguri/Photographer

京都生まれ。京都精華大学卒業後、本格的に写真活動に転じ、日本写真映像専門学校で学ぶなどしたのち、写真家として独立。
2007年、文化庁新進芸術家海外留学制度を得て渡仏。研修後もパリで制作を続け、世界有数のアーティスト・イン・レジデンス Cité internationale des Arts に滞在。
在仏中、2010年、第12回カンヌ国際展覧会「Salon International du Monde de la Culture et des Arts M.C.A.」金賞受賞。
帰国後の主な展覧会に、フランスの Photofolies en Touraineより招聘企画展「Paysage d’une fenêtre」(Galerie O’zart/トゥール・フランス)、アルファロメオ社・アーティストプロジェクト「I AM GIULIETTA. THE DRIVE ART」展 (青山スパイラルガーデン/東京)、「未来を担う美術家たち DOMANI・明日」展 (国立新美術館)、「原点を、永遠に。」展 (東京都写真美術館) など。
2019年、ラトビアの首都リガにある写真・映像専門のアーティスト・イン・レジデンス Baltic Analog Lab より招聘を受け、滞在制作を行う。2021年、ロシアでの初個展「Nowhere Room」(Space Place Gallery/Nizhny Tagil, Russia)、同年、Nizhny Tagil 美術館にて個展を展開。

・大栗恵の作品はこちら>>>

 

●渋田薫_Jazz Piano_10F (1).jpeg
渋田薫「Jazz Piano」(10F) / Acrylic on Canvas

 

●4渋田薫アーティスト写真.jpg
渋田薫| Kaoru Shibuta

1980年北海道生まれ。 2000年にPan Make-up School、2003年にKanebo Make-up Institute 卒業。北海道の大自然でのびのびと育つ。音を共感覚的に絵画へ翻訳する。これまでにバルセロナ芸術文化センターEspronceda、サンタモニカ美術館(CASM)、ロシア国立現代アートセンター(NCCA)、など世界各地のアーティストインレジデンスで制作発表を行う。ペベオブランドアンバサダー。

・渋田薫の作品はこちら>>>


※価格は売場にお問合せくださいませ。
※売約済みの場合はご容赦くださいませ。

 

リモートショッピングサービス「Remo Order / リモオーダー」
ご紹介した商品は、ご自宅や外出先からでもスマートフォンでご注文いただけます。
詳しくはこちら>>>
ぜひ、この機会にご利用くださいませ。


■阪急メンズ大阪 B1 コンテンポラリーアートギャラリー
■06-6361-1381(代表)
■LINEで売場にお問合せはこちらから>>>

※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。

※イベントや商品情報は、変更・中止になる場合がございます。

 

latest news