GAZIANO & GIRLING Vol.1

ムービーボタン.jpg

トニー・ガジアーノとディーン・ガーリング、ふたりの腕利き職人がビスポークブランドとして「ガジアーノ&ガーリング」を立ち上げたのは2006年。しかし当時は誰もその名を知らない、まさにゼロからのスタートでした。 他のどの有名ブランドでもなく、自分たちの靴を選んでもらうために。靴作りの核に据えたのは“高いクオリティー”でした。採用する職人はすべて、靴作りの熟練技と専門知識を持った経験者。さらにブランドが望む品質やクラフトマンとしてのあり方を共有できるよう、人材育成にも力を注ぎました。デザインは、英国の伝統スタイルを守りながらも、ヨーロッパのスタイリッシュな雰囲気をミックス。甲を低く抑え、華奢なバランスで仕上げられたシェイプなど、独自の方向性を確立していきました。約10年前、たったふたりで紳士靴業界に真っ向勝負を挑んだ新鋭は、今や広々とした工場を持つまでに成長。「ビスポーク並みの品質」と評判の既成靴も展開し、“英国靴の聖地”ノーザンプトンには旗艦店をオープン。レザーシューズマーケットで独自のポジションを築き上げています。「僕たちは、ベストなシューズを作っている」。そう言い切るトニー。「だから、お客様にもっと自分たちの靴の良さを見てもらいたい」。“職人が丹精込めて作ったシューズを、長く愛用したい”。そう願う靴好きに、一人でも多く出会うために。「ガジアーノ&ガーリング」の挑戦はこれからも続いていきます。

img.jpg