うすづくりのガラスと器展

◎6月22日(水)→28日(火)*最終日は午後5時終了

◎8階ハローカルチャー3


追立 睦

暮らしのうるおいをテーマに鮮やかな色を湛える漆器、アクセサリーを制作しています。生活に寄り添い、手に取ったときにふわりと笑みがこぼれるような感情を揺り動かす漆器を提案していきたいと考えています。





ガラス工房るん

くらしを彩るガラスをテーマに日々制作しており、ガラスという素材を通してガラス本来の美しさであったり、表現や技術の可能性を追い求めてものづくりと向き合っています。




西條淳子 

四季を感じられる図柄を下絵から描く乾山風、金銀彩等で描く事を得意としています。 美しく、華やかで、 大胆に。 仕事は丁寧に、 を心掛けてい ます。





河合正光 

主に白磁と青磁の器を作っています。
厚すぎず、薄すぎず。手に持ってちょうど良い具合を白磁・青磁の生命線と考え、磁器の美しさに挑戦しています



平田尚加  

和紙にモノクロ乳剤を塗り、モノクロ現像した写真作品。 
自然豊かな環境の中で生活していると、ステキと思う瞬間があります。      
その瞬間のディテールや空気感を作品にしています。



※掲載品は、いずれも数に限りがございます。
※売切れの節はご容赦ください。
※表示価格は、消費税を含んだ税込価格です。