二〇二〇年 阪神のおせち

新たな一年の始まりに、幸せを願う美味で心豊かに。

縁起のよい食材で彩られたおせちをみんなで囲んで、楽しくおいしく迎えたいお正月。
神戸学院大学の学生と共同開発したおせちや、京都や加賀の名店のお重など、
“食の阪神”ならではの味わいをぜひご堪能ください。

今年いちおし

阪神百貨店限定

「にっぽんうまいもん紀行」の名品と、
知る人ぞ知る各地の味を盛り込んだおせち

京丹波のぶどう黒豆や、京麩、若狭の小鯛ささ漬、長崎の東坡煮、
日本各地からこだわりの味をあつめて。

  • 【京都】「北尾」京丹波ぶどう黒豆

    文久2年の創業以来こだわり続ける京丹波の品種。“新丹波黒”の煮豆です。

  • 【長崎】「坂本屋」東坡煮

    とろとろ、ほろり。じっくり煮込んだ味わいは長崎卓袱料理の老舗ならではの伝統技です。

  • 【福井】「田村長」小鯛ささ漬

    日本海産の連子鯛を薄塩仕立てにし、独自の出し入り醸造酢にくぐらせました。

  • 【京都】「松葉」鰊一口巻

    鰊そばで有名な京都の老舗から、身欠鰊を芯に昆布を一口に巻いて。

  • 【北海道】「井原水産」味付数の子(御味噌汁付)

    留萌にある数の子の有名店から、シャキっとした歯ごたえと風味豊かな味わいを。

  • 【長崎】「藤井からすみ店」からすみ

    西彼杵半島の大きなボラを使用し、長崎県産の塩で漬けたからすみは舌に触らず、ねっとりと後を引くおいしさです。

  • 【神奈川】「籠清」伊達巻

    小田原蒲鉾(かまぼこ)の古きよき伝統を守る老舗から。
    程よい甘さとしっとりとした風味が好評な自慢の品を。

  • 【京都】「半兵衛麩」京麩(きょうふ)

    元禄2年創業の老舗から、水と素材にこだわった伝統の味。
    京麩と呼べるのは「半兵衛麩」お麩だけです。

  • 【山梨】「信玄食品」あわび煮貝

    あわび煮貝の伝統製法で煮上げた磯本来の香りと、
    醤油仕立ての上品でやわらかなおいしさを楽しめます。

阪神百貨店限定

食材に込められた意味を知って、楽しむ四段重。

いわれおせち

「いわれ」をもっと見る

〔壱重〕

  • 味付け数の子

    にしんの卵巣で一腹にたくさんの卵があることから、二親健在に通じる子孫繁栄の願いも。

  • 田作り

    昔は田畑の肥料にして作物を肥やしていたことから、五穀豊穣を願う縁起物に。

  • 黒豆ふくませ

    年中まめまめしく、健康に暮らせますようにという語呂合わせから、無病息災の縁起物に。

〔弐重〕

  • 丸叩き牛蒡(ごぼう)

    細く長く地中に根を張る牛蒡は縁起が良いとされ、先が開く叩き牛蒡は開運の意味もあります。

〔参重〕

  • 照焼帆立

    帆立貝の「末広がり」の形から縁起物とされています。

  • 鯛の塩焼き

    鯛は「めでたい」の語呂あわせから縁起物とされています。

〔与重〕

  • 小蛸櫻煮

    「多幸」や蛸の足が8本というところから「末広がり」を意味しています。

「洋風」「中国風」「和洋折衷」のおせち
—レストラン、中国料理店、ホテル—

レストランのおせち

中国風のおせち

ホテルのおせち