ファッションバイブル

シャツ
ネクタイ
ソックス
紳士服飾雑貨
シューズ
スーツ・ジャケット
フォーマル
アイテムのはなし
お手入れ方法
コーディネートのこつ
着こなし術

コーディネートのこつ
「ワントーンコーディネート」編

600_prf_cord.jpg

 ワントーンコーディネートとは、スーツの色をベースに各アイテムを同系色でまとめるコーディネートの方法です。今回は最も取り入れやすいブルーグラデーションをご紹介します。スーツ、シャツ、ネクタイ、チーフのすべてを、ブルー系のグラデーションでまとめたコーディネートは、ブルーが持つ清潔感を大切にしながら、誠実さや信頼感といったイメージを強調してくれます。初めて会うお客様への訪問や商談の機会などにおすすめしたいコーディネートです。

 スーツは深みのあるネイビーで、ピッチの狭いストライプスーツをご用意。 細いストライプは全体をシャープな印象に見せてくれます。シャツは織柄の入ったサックスブルーをセレクト。ブルーのシャツはホワイトシャツ同様、基本ワードローブの一つに持っておきたいアイテムです。 シンプルなアイテムだからこそ質の良さに差が出るので、仕立ての良いものを選びましょう。今回は、誰もが一着は持っているこのネイビースーツをベースに、ネクタイを替えるだけで簡単にできるVゾーンのコーディネートをご紹介します

600_コーディネート②.jpg

『ストライプ×ストライプ』

 ネイビー基調のレジメンタルタイをあわせた、定番的コーディネート。スーツとそれぞれのアイテムが、しっかりブルー系のワントーンでまとまっています。このコーディネートをまとめるコツは、色のトーンを合わせながら、それぞれのアイテム同士の色を拾い合う(=リンクする)ところにあります。ストライプの中に配色されているサックスブルーはシャツと、ホワイトはスーツのストライプとそれぞれがリンクしています。お互いを上手くリンクさせながら、上品なワントーンコーディネートを楽しんでください。

600_コーディネート③.jpg

『ストライプ×小紋』

 深いネイビーに花柄とドットが並んだ小紋タイです。アイテム同士の柄が異なる "柄バラし" のコーディネートは一見すると難易度が高そうですが、色のトーンを合わせれば、すんなりとまとまります。このコーディネートも、それぞれのアイテム同士が色を拾い合っています。花柄のホワイトはスーツのストライプと、ドットのサックスはシャツとリンクし合い、シンプルでありながらアクセントの効いたコーディネートになり、やや華やかな印象をもたらしてくれるでしょう。

 ワントーンコーディネートは、基本となるコーディネートテクニックでありながら、誰もがサマになる良さがあります。ワントーンコーディネートを新鮮な装いに仕上げるポイントは、やはり柄の使い方が成功の鍵。柄と柄が連続性のある色合わせにすれば、全体が締まったコーディネートに仕上がります。オーソドックスな柄同士の組み合わせならスマートで安心感のある印象に、主張のある大柄を加えればモダンな印象を与えてくれるでしょう。トレンド感を伝えやすい色合わせでもありますので、少しずつ装いの幅を広げながらコーディネートを楽しんでください!

フームプリュス一覧.jpg

ヒトヨシ一覧.jpg

ザタイ一覧.jpg