ファッションバイブル

シャツ
ネクタイ
ソックス
紳士服飾雑貨
シューズ
スーツ・ジャケット
フォーマル
アイテムのはなし
お手入れ方法
コーディネートのこつ
着こなし術

アイテムのはなし
「ネクタイの生地・柄」編

1-600【レジメンスト】AX15SSスト4-75-3.jpg『ストライプ』

 ストライプはタイの中でも非常にオーソドックスな柄になります。縞が左上がりになったものはアメリカンストライプ、右上がりになったものはレジメンタルストライプと呼ばれます。日本でも50年代以降のアイビー、トラッドブームの中で人気を得たことで馴染み深い柄になっています。

2-600【ドット】AX15SSドット1-75-3.jpg『ドット』

 正円が左右対称に配された水玉柄のことを指しドットと言います。最もクラシックなタイの柄に当たり、紺地に白のドットを配したタイは紺色の無地と並ぶフォーマルなタイとして着用されてきました。丸のパターンが細かいほどドレッシーで落ち着いた印象になりますが、地とパターンの組み合わせによっても大きく印象が異なります。

3-600【クレスト】SB-2605-3.jpg『クレスト』

 ストライプに紋章(クレスト)を配した柄のことを指してクレストと言います。トラディショナルルックを代表する、英国の伝統的な柄ですがストライプが組み合わされていることで少し活発でスポーティーな印象を与えます。

4-600【小紋】AX15SSコモン10-15-3.jpg『小紋』

 紋章や花など日本独特のモチーフを細かく生地の地一面に取り入れ、簡潔に表現したものを小紋と呼びます。「スペース・オールオーバー」とも呼ばれます。モチーフの種類が非常に多くあるため、色柄のパターンが豊富です。

5-600【ジオメトリック】AX14MEネイビー5-3.jpg『ジオメトリック』

 直線、曲線を使用して描かれた柄のことをジオメトリックと言います。幾何柄とも呼ばれるように幾何学的な発想によって描かれた柄で、プリント柄としてよく用いられます。

6-600【ペイズリー】AX15SSペイズリー1-75-3.jpg『ペイズリー』

 ペイズリーとはインド古来の伝統文様でザクロや松かさを図案化したした植物摸様を指します。優雅な曲線で描かれた緻密なものが多く、色柄が多彩です。オリエンタルな雰囲気が魅力で、イタリアの有名ブランドが様々なアイテムに使用して以来、一般的な柄として広く普及しました。

7-600【チェック】AX15SSチェック1-75-3.jpg『チェック』

 チェックとは日本では格子柄と呼ばれるものです。数多く種類が存在しますが、スコットランドの高原地方の伝統柄であるタータンチェックや、小さな千鳥格子とヘアラインストライプを組み合わせたグレンチェックなど英国の伝統柄が有名です。

8-600【ソリッド】FF-THETIEツイルムジ11-3.jpg『ソリッド』

 無地を指してソリッドと言います。単色の無地や同色の地紋が入った柄なども含まれます。他のアイテムの色味に影響されないので、コーディネートしやすいことが特徴です。無地の良さを活かした、素材や織りの表情を際立たせる取り入れ方でもよく着用されます。  また、無駄の無いシンプルなデザインから、黒や白のソリッドタイは冠婚葬祭に用いられます。

ネクタイの商品一覧はこちら>>