ライフスタイル&ヘルス2022/1/11 更新

Hanyku PLATFARM MARKET(阪急プラットファームマーケット)ってなに??

Hanyku PLATFARM MARKET』は、作り手とお客様の出会いの場、一緒に食の未来を考える場です。

日本のおいしいものを未来につなぐために、各地の作り手が誇りを胸に、モノづくりに励むことができるように。『Hankyu PLATFARM MARKET(阪急プラットファームマーケット)』は、食の未来を考える生産者とお客様をつなぎ、作り手自慢のおいしいものと、その背景にある物語を伝える発信地として201910月にスタートしました。PLATFARMFARM(農場・牧場)とPLATFORM(基盤・土台)を組み合わせた造語です。

生産者の思いをお客様に。お客様の声を生産者にお伝えしています。

Hankyu PLATFARM MARKET』は地下2階で月に一回、全国から作り手自慢のおいしいものが集まる、屋内型ファーマーズマーケットを開催しています。このイベントに向け、阪急うめだ本店のフードバイヤーたちはできるだけ生産地へ赴き、作り手がモノづくりで大切にしていること、未来へ向けて取り組んでいることを取材。そこで得た情報とバイヤーが肌で感じたことをSNSWEB配信しています。また、お客様がイベントで感じられたことを生産者たちにフィードバック。「食で地域を元気にしたい」、「人や環境にやさしいモノづくりをしたい」、「技や伝統を未来につなげたい」と奮闘する生産者の方々は、たくさんの声が励みになっているのです。

1月12日(水)、『Hankyu PLATFARM MARKET』のミニショップが地下2階にオープン。

私たちはイベントでたくさんの生産者と出会う中で、それぞれのモノづくりへのこだわりやそこから生まれたおいしさ、地域や環境、受け継いできた文化に対する熱い思い、食の未来を考えた先端のモノづくりへの取り組みを知り、日々その重要性を感じてきました。今回、そんな生産者たちの熱い思いがこもった、物語のあるおいしさをお届けするミニショップをオープンします。ミニショップでは、これまでイベントに登場いただいた生産者のほか、新たに見つけた生産者のおいしいものをお届けしていきます。ぜひ、ぷらっとのぞきに来てください。

※商品情報や販売状況は2022年01月11日時点でのものです。
現在の情報と異なる場合がございますが、ご了承ください。