カサネオ

カサネオ

ミルクレープをはじめ、様々な素材を重ねた洋菓子を提案する「カサネオ」。1988年、西麻布のレストランで関根俊成シェフが当時流行していた“クレープ”をミルフィーユやラザニアのように“重ねる”ことでミルクレープを生み出したのがブランドの原点です。関根シェフは唯一無二のミルクレープを作りたいと、極限まで薄く焼き上げたクレープを重ね“20層のミルクレープ”を完成。重ねることで“広がる新たな味わい”や、“増す喜び”を提供し続けています。

ページトップに戻る