母の日ギフト2022 母の日ギフト2022

『母の日ギフト2022』の承りは終了いたしました。
2023年をお楽しみに。

店舗受取について

お問い合わせはこちら

今年の母の日は5月8日(日)。
いつもお世話になっているお母さんに感謝の気持ちを込めてスイーツやグルメを贈りませんか。

注目!気になる売れ筋
人気ランキング

迷ったらこれ!
バイヤーおすすめピックアップ

バイヤーおすすめ商品をもっと見る

知っておきたい母の日のこと

  • 母の日の意味

    「母の日」はお母さんの日頃の苦労をねぎらい、感謝の気持ちを伝える日。この日の贈りものといえばカーネーションですが、この行為にはどのような意味が込められているのでしょうか。母の日が生まれたのは20世紀初頭のアメリカ。ある女性を追悼するために白いカーネーションを贈ったことが、母の日のはじまりだといわれています。この出来事によってカーネーションは母の日のシンボルになり、現代にも続く風習の礎となったのです。カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」ですが、それぞれの色にも固有の意味があります。代表的な色でいえば、赤色は「母への愛」、ピンク色には「女性の愛」「美しい仕草」「感謝」、紫色は「誇り」「気品」、青色は「永遠の幸福」。黄色には「軽蔑」「嫉妬」、「純粋な愛」を表す白色は亡くなった母親を偲んで贈る花として有名です。どちらも贈り物の際には注意が必要な色です。またキリスト教では、白のカーネーションは十字架にかけられる前のイエスとマリアを、赤いカーネーションは復活したキリストを象徴するといわれます。クリスチャンにとってのカーネーションとは、母子の関係性の深さを示す重要な意味を持つ花なのです。

  • 母の日の由来

    5月の第二日曜日に祝われる「母の日」。その由来は19世紀末のアメリカにさかのぼります。南北戦争のさなか、ウェストバージニア州でアン・ジャービスという女性が傷病兵の看護をおこなっていました。傷ついた兵士たちを敵味方の区別なく手当するその姿に、女性参政権運動家 ジュリア・ウォード・ハウは感銘を受けます。ハウは戦争終結直後の1870年に「母の日宣言」を発表しますが、戦後の混乱期だったためか、定着することはありませんでした。戦後もアンは教会で日曜学校の教師を務めるなど、精力的に地域貢献を続け、1905年に84歳で亡くなります。その二年後の1907年、母の活動を間近に見てきた娘のアンナは、その献身的な活動を讃えるため、母が教師を勤めていた教会で記念会を開催します。アンを慕う大勢の住民が集まるなか、アンナは全員に白いカーネーションを贈りました。この出来事が、母の日のルーツといわれています。そして1914年、「母の日」は正式にアメリカの記念日として定められ、5月の第二日曜日と祝われるようになったのです。日本では、1949年(昭和24年)ごろからアメリカにならって5月の第二日曜日に行われるようになりました。

  • 海外の母の日事情

    毎年5月の第二日曜日におこなわれる「母の日」。日本では感謝の言葉とともにカーネーションを贈るのが一般的ですが、海外ではどのように祝われているのでしょうか。世界各国の母の日事情をご紹介しましょう。まずは、母の日発祥の国・アメリカ。南北戦争期、傷病兵の看護や地域貢献活動で人望を集めたアン・ジャービスという女性への追悼の意を表してカーネーションを贈ったことが、母の日の始まりといわれています。1914年に正式に記念日として定められ、5月の第二日曜日に祝われるようになりました。イギリスの母の日は“Mothering Sunday”と呼ばれ、イースター(復活祭)の3週間前の日曜日におこなわれます。メッセージカードを贈るのが一般的で、教会で受け取った花を渡すこともあるそうです。オーストラリアの母の日も5月の第二日曜日。ただしカーネーションではなく、菊の花を渡すのが一般的なのだそう。というのも、菊は英語で「クリンセマム(chrysanthemum)」。“mum(お母さん)”になぞらえて定着した風習だといわれています。母の日に感謝の気持ちを伝えるのは世界共通ですが、その国ごとに多様な表現方法が存在しているのです。

  • 母の日の歴史

    母の日の歴史は、20世紀初頭のアメリカからはじまりました。1907年、アン・ジャービス女史を追悼する記念会で参加者全員に白いカーネーションを贈ったことが、母の日の起源といわれています。1910年にウェストバージニア州が5月第二日曜日を母の日に制定するという宣言を発し、1914年には当時の大統領・ウィルソンによってその日が正式な母の日として定められました。日本で最初に母の日が祝われたのは、明治時代末期のこと。キリスト教団体を中心にささやかなお祝いが催されていたと伝わっています。1931年(昭和6年)には、大日本連合婦人会が皇后の誕生日である3月6日を「母の日」に制定したのものの、定着はしませんでした。日本で初めて大々的な母の日の行事を開催したのは、意外にもお菓子メーカーの森永製菓。1936年(昭和11年)、森永は「母の日中央委員会」を設立し、翌年には「第1回 森永・母の日大会」を豊島園で開催します。ポスターの貼ってある菓子店で招待券を配り、20万人ものお母さんを無料で招待したといいます。先鞭をつけた森永の取り組みのおかげか、1949年(昭和24年)ごろから母の日は5月の第二日曜日におこなわれるようになりました。

  • 母の日の金額・相場

    母の日にかける予算は、3,000円〜5,000円で設定するのが一般的です。安すぎては感謝の気持ちが伝わりきらず、高すぎてもかえってお母さんに気を遣わせてしまいます。そんな理由から、この予算感で商品を選ぶ人が多いようです。3,000円前後であれば、カーネーションの花束やフラワーギフト、ミニブーケはもちろん、お菓子のアソートメントやケーキといったお菓子ギフトが人気。個包装で日持ちしやすい品物が選ばれやすい傾向にあります。お店でも3,000円前後の母の日ギフトがもっとも多く見受けられるでしょう。5,000円前後まで広げれば、豪華なフラワーギフトや観葉植物、名の知れたブランドのスイーツ、有名銘柄のお酒なども候補に入り、商品選びの幅がグッと広がります。ただなによりも大切なのは、お母さんを想うあなた自身の気持ち。無理をしてお金を工面するよりも、購入しやすい価格の品物を選んで、感謝の気持ちを伝えてみてください。ギフトとともに、ねぎらいの気持ちを一筆したためた手紙を添えてみるのもいい演出です。プレゼントを用意するのが難しければ、お母さんと一緒に過ごしたり、電話で気持ちを伝えたりするだけでも思いは届きます。母の日が、世の中のすべてのお母さんの笑顔で満たされますように。

特集一覧

  • 母の日に贈る実用的なプレゼント

    今年の母の日は実用的なアイテムをチョイスして、いつものプレゼントにアクセントをつけてみては?日々の暮らしで役立つ品物を贈れば、忙しいお母さんもきっと喜ぶはず。コーヒー、紅茶や日本茶、食事のお供に漬物や佃煮など、さまざまな実用的なプレゼントを取り揃えました。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るプレゼント

    2022年の母の日は5月8日(日)。日頃の感謝の気持ちとともに贈りたい、とっておきのグルメギフトをセレクトしました。生鮮・加工食品、お肉・お魚、お菓子、ケーキ、フルーツ、ドリンク、お酒など、もりだくさんのラインアップ。何を渡そうかと悩んでいる方にも、ぴったりのひと品が必ず見つかるはず。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るケーキギフト

    今年の母の日は、ちょっとリッチなケーキをプレゼント。食後のケーキがテーブルにあがるだけで、その日の特別感がグッと増すはず。いちごのショートケーキ、チーズケーキ、フルーツタルト、ワッフルケーキといった、定番から変わり種まで幅広く網羅しています。お母さんの好みや予算に応じてお選びください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るお菓子ギフト

    日頃の感謝の言葉とともに、お菓子のギフトを贈ってみませんか?スイーツに目がないお母さんには、ふだんは買えない有名ブランドのあのひと品を。甘いものが苦手なお母さんには、おせんべいやおかきといった塩気の効いた和菓子を。相手の好みに合わせた名品で、特別な日を彩ってみてください。商品一覧はこちら

  • お義母さんへの母の日ギフト

    義理のお母さんへ贈る母の日ギフト。「好みに合っているか」「失礼にあたらないか」と品物選びには気を遣ってしまうもの。そんなときに活躍するのが、百貨店が厳選したフードギフトです。阪急フードでは、人気ブランドや名店のグルメギフトを幅広く取り揃えています。お義母さんが喜ぶひと品を探してみてください。商品一覧はこちら

  • 妻に贈る母の日ギフト

    「母の日には、妻にも感謝の気持ちを伝えたい」。仕事や家事、育児に追われる奥さんに、感謝の言葉を添えたギフトを贈ってみるのも夫婦の信頼関係を育む一助となるでしょう。お子さんと一緒に選ぶのはもちろん、夫から妻への特別なプレゼントとして用意してみても喜ばれるはず。最愛の人に贈る、最上の品を用意しています。商品一覧はこちら

  • 母の日には食べ物のギフトを

    「毎年母の日にカーネーションを贈っていては、なんだか代わり映えしないかも」。そんなふうに思っているあなたは、全国各地の絶品グルメからお母さんの好きな食べ物をセレクトしてみては? 洋菓子・和菓子、コーヒー・紅茶、お酒、フルーツ、お肉・お魚など、特別な日を彩る逸品がきっと見つかります。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るスイーツギフト

    母の日には、日頃の感謝の気持ちを込めて贅沢なスイーツを贈ってみましょう。ケーキ、フィナンシェ、マドレーヌなどジャンル豊富に、名店の人気スイーツを取り揃えています。いつもよりちょっと高めのスイーツにするのもよし、新たな味との出会いを提案するもよし、あなたのセレクトで母の日をお祝いしてみてください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈る和菓子ギフト

    和菓子好きのお母さんへ名店の逸品を。定番の和菓子セットから和洋折衷のトレンドスイーツまで、年代問わず喜ばれるギフトを種類豊富に用意しています。紅茶やコーヒーとセットで贈れば、午後のひと休みが贅沢なブレイクタイムに。日頃の感謝の気持ちとともに、バイヤーが厳選したこだわりの品をプレゼントしてみてください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るコーヒーギフト

    コーヒー派のお母さんには、専門店のコーヒーギフトを。毎日のコーヒーブレイクで気軽に飲めるドリップバッグコーヒーから、特別な一杯を楽しめるハンドドリップの一級品まで、シーンに合わせたさまざまな品物を用意しています。仕事や家事と忙しい毎日を送るお母さんに、癒しのひとときをプレゼントしてみましょう。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るフルーツギフト

    口のなかに溢れるジューシーでみずみずしい果汁に、思わず「おいしい!」と笑みがこぼれるお母さん。全国各地から集めたフルーツギフトなら、特別な日にそんな姿を見られるかもしれません。高級感のある単品販売のメロンから旬の果物の詰め合わせなど、よりどりみどりの品揃え。おしゃれな贈り物で華やかな母の日を。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るチョコレートギフト

    甘いもの好きのお母さんが喜ぶチョコレートを、バラエティー豊かにセレクトしました。人気のゴディバやメリーチョコレートをはじめ、ラ・メゾン・ドゥ・ショコラなどの高級チョコレートも。予算に合わせて、とっておきの母の日ギフトを選んでみてください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るワインギフト

    母の日のプレゼントには、華やかで高級感のあるワインギフトがぴったり。当日のお料理とのペアリングで、お祝いの日に花を添えます。赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、ロゼワイン、シャンパン…ワイン好きのお母さんも納得の上物揃い。お母さんの好みの銘柄が必ず見つかるでしょう。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るお酒のギフト

    お酒が好きなお母さんも大満足。阪急が選ぶ和洋酒のセレクションを母の日のギフトに。ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎といったラインアップの幅広さはもちろん、百貨店ならではの目利きでご紹介しています。お母さんの好みに合わせて、特別なひと品をお選びください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るクッキーギフト

    母の日ギフトの定番といえば、クッキー。今年は有名ブランドのこだわりの逸品は選んでみては?贅沢な味わいもさることながら、デザイン性に富んだパッケージにも各ブランドの個性が表れます。目にも舌にもおいしいとっておきの品々を取り揃えました。お母さんの喜ぶ顔を想像しながら選んでみてください。商品一覧はこちら

  • 母の日に贈る紅茶ギフト

    今年の母の日ギフトは変化をつけたい!そんなあなたにぴったりなのが、阪急フードが厳選した紅茶のギフトセットです。上品なイメージが強く、センスのよさが光ります。紅茶に合う焼き菓子やチョコレートと一緒にプレゼントしてみるのもおすすめ。いつもがんばっているお母さんに、贅沢なティータイムをプレゼントしてみませんか?商品一覧はこちら

  • 母の日に贈るゴディバの洋菓子

    ベルギー王室御用達のチョコレートブランド「ゴディバ(GODIVA)」の洋菓子を母の日のプレゼントに。誰もが知る有名ブランドのギフトとあらば、お母さんも胸踊るはず。品物選びに迷うあなたにぴったりのチョイスです。定番のチョコレート詰め合わせはもちろん、各種アソートメントを用意しています。今年の5月8日はちょっと特別な一日に。商品一覧はこちら

  • 予算1,000円の母の日ギフト

    たとえ予算がかけられなくても、お母さんへの感謝の気持ちがあればじゅうぶんに思いは伝わります。「いつもありがとう」の言葉とともに、プチプラギフトを贈ってみませんか?1,000円以内でも購入できる母の日のプレゼントを選んでみました。洋菓子や和菓子、お漬物、乾物など、世代を問わず喜ばれる品物を豊富に取り揃えています。商品一覧はこちら

  • 予算3,000円の母の日ギフト

    手頃な価格で気の利いた母の日ギフトを。母の日のプレゼントにかける予算の平均は、3,000円前後といわれています。阪急フードでご紹介するのは、3,000円以内のギフトとは思えない高見えする品物ばかり。洋菓子のアソートや有名店のケーキのほか、お肉、コーヒー、お酒など幅広いジャンルのなかから、お母さんが喜ぶ逸品がきっと見つけられるはず。商品一覧はこちら

  • 予算5,000円の母の日ギフト

    今年の母の日は、いつもよりもちょっと高級なギフト選びを。予算5,000円で購入できる品物をバリエーション豊かに選びました。パッと目を引く上質なパッケージや価格に相応しい贅沢な味わいなど、クオリティはどれをとってもバイヤーの折り紙つき。お母さんも大満足の逸品ばかりです。商品一覧はこちら