店舗受取サービス
自然災害の影響による配送承りについて ››

[シーン別に合わせた贈り物]出産内祝い お祝いいただいた方に感謝の気持ちと大きな喜びを込めて。

ギフト選びのアドバイス

内祝いの「内」は「家」のことで、
自分の家でのお祝いごとのときに
“慶びをおすそ分けする”という意味。

昔は、お世話になった方を 家に招いて
お披露目のお祝いをするなど、
赤ちゃんが生まれた報告とあいさつをしていたそう。

お宮参りからの帰りに親戚やご近所の方 へお赤飯や紅白のお餅を配ったり、お祝いをいただかなくても周りの方に品物を贈っていたそうです。

今では、お祝いをいただいた方へ のお返しとして考えるように
なりましたが、住む地域によっては、お菓子やお赤飯をご近所や
お世話になる方へ贈ってもかまいません。

内祝いとして何を選べばよいのか。
贈る相手のことを思い浮かべてセレクトすることが大事です。

紅白蝶結びかけ紙

下段に子供の名前(ふりがなをつける)
下段に子供の名前
(ふりがなをつける)
※「寿」とする場合もある
※「寿」とする
場合もある

表書きは「内祝」「出産内祝」、下段には赤ちゃんの名前をいれます。
内祝いは、赤ちゃんの名前のお披露目でもあります。
名前の由来など一言加えたメッセージ力ードを一緒に贈るのもおすすめです。

その他にも、奥様のご両親のお知り合いへのお返しについては、
届け主名に旧姓を入れて贈るのが良いでしょう。

お返しを贈る時期について

贈る目安は、生後1カ月前後のお宮参りのころが一般的。
遅くても、生後2カ月を迎える前には贈りましょう。

お返しの金額について

金額は、親戚や目上の方からいただいた場合や高額な場合は、その1/3程度。
知人や友人の場合は、半分に相当するものをお返しするのが一般的です。
あまりに金額が多すぎたり、少なすぎるのは避けるほうがよいかもしれません。

お返しの金額別おすすめギフト

贈る目安は、生後1カ月前後のお宮参りのころが一般的。
遅くても、生後2カ月を迎える前には贈りましょう。

ご両親・ご親戚
ご両親や親戚の方へは、記念を祝した名入れスイーツなど
上司・目上の方
上司目上の方へは、有名ブランドのスイーツや高級感のあるコーヒーなど
同僚・ご友人
同僚やご友人から連名でいただいた場合は個包装のお菓子など
お子さまのいるご家庭
お子さまも喜んで貰えるイラスト入りお菓子やジュースセットなど
贈る相手別おすすめギフト

お子様の成長に合わせてこんなイベントも

お宮参り

お子様が生まれたあと、初めての産土神(うぶすながみ)へのお参り。
お子様の氏子入りをする儀式ともいわれます。
地方によって異なりますが、多くは生後30日目前後で、男子30日目・女子31日目、あるいは男子31日目・女子32日目に行います。
日が統一されていないので、母体の回復を考慮して、天候や付き添う方のご都合に合わせて日を決めるご家庭が多いようです。
お産をした地域の氏神に参るのが本来のありかたで、「母親の実家の氏神に参る」というしきたりはこのあたりからきているようです。
また氏子入りを目的とするなら、子どもがこれから住む地域の氏神に参ることになりますので、赤ちゃんと母親の健康を考えて近くの氏神にお参りするのがよいでしょう。

お参りのあとは、神社の別棟やレストラン、自宅で食事会を開くことが多いようです。

お祝い膳

お食い初め

生後100日目、地方によっては110日目か120日目に行います。
一生食べるものに困らないようにと祈る行事で、お箸初めともいわれます。
茶わんやおわん、皿など一式そろえたお膳で、赤飯や尾頭つきの鯛(たい)などを食べさせるまねをする儀式です。
お祝いに使う食器は漆器か素焼きのもの。
最近では合成樹脂のものも多く使われるようになりました。
赤ちゃんに食べさせるまねをする役目は、長寿にあやかるように近親者のなかで長寿の方にお願いしたり、祖父母がその役を引き受ける場合が多いようです。

<献立>
お膳の上に、赤飯、鯛の焼き物、煮物、香の物に澄まし汁を添えます。歯が丈夫になるようにと、歯固めの小石か、紅白の餅か勝栗をのせます。
お食い初めの儀式は、この献立を実際に食べるのではなく、食べさせるまねをするだけです。
まず、赤飯や澄まし汁を箸先で食べさせるまねをします。次に、鯛の尾頭の肉を少し箸にのせて食べさせるまねをします。
紅白の餅や小石を箸で触ってから、その箸先を赤ちゃんの歯ぐきにそっと当てます。
しかし、お膳の上に赤ちゃんの離乳食、野菜スープや果汁をそろえて、実際にそれを食べさせてあげるのもよいでしょう。

初誕生(はつたんじょう)

一升餅

赤ちゃんの満1歳のお誕生日をお祝いします。
生涯食べ物に困らないことや、これからの成長を祈願して風呂敷などに包んだ「一升餅」を、お子様に背負わせて歩かせます。
1歳のお子様に約2kgの餅は重いので、うまく歩けなかったり、つまずいたりすることもあります。 歩かないお子様は、風呂敷の上から餅を踏ませて、足腰が丈夫に育つことを祈願すると良いともいわれています。 お祝いの後は、切り分けご家族やご近所にも配って食べてもらいます。 一升餅

対象商品
3357
キーワード
ブランド
  • ブランドを選択する