店舗受取サービス
自然災害の影響による配送承りについて ››

[シーン別に合わせた贈り物] まごころをこめて故人を偲ぶ お供え・粗供養 お供え、法要の引き出物など弔事にお使いいただけるギフト。

粗供養(香典返し)選びのアドバイス

四十九日(または三十五日)を満中陰といい、この日をもって忌明けとします。
この時お香典のお返しをするのが通例です(なお四十九日が3ヵ月にまたがる場合は、
三十五日で切り上げることが多いようです)。
お香典は本来、故人の冥福を祈って手向ける香のかわりに霊前に供えるものですが、
同時に、相互扶助的な意味合いもあります。

したがって、忌明けを通知する挨拶状に感謝の心を記せば、お返しをしなくても失礼にはあたりませんが、 従来のしきたりでは「半返し」といって、香典をいただいた額の半分位、一家の主人が亡くなった場合は3分の1位をお返しします。
最近はいただいた額に応じて三段階位に分けて品を用意する、または一律に同じお品を用意するなど、方法はさまざまです。
また、社会福祉施設などに、お香典返しに充てる費用を寄付するケースも増えています。
その場合は、報告をかねた挨拶状を発送します。

お香典返しには、銘茶、タオル、寝具、石けんなどが一般的ですが、
必ずしもこれにこだわることはありません。 会社などの場合は、みんなで分けられるお菓子なども適しています。

粗供養(お香典返し)は、一般的にはいただいたお香典の2分の1から3分の1が目安になります。
しかし、一つひとつ品を選ぶのは大変な作業です。

お届け先も多いことですので、お香典額の5千円までは2千円、 1万円までは3千円、
それ以上であれば5千円、と額を3段階ぐらいに 分けて品を選ぶのも、ひとつの方法でしょう。

お香典返しは、一軒一軒持参するのが正式ですが、
訪問できず配達する場合は忘れず挨拶状を添えましょう。

仏式

挨拶状でお礼の言葉を述べ、三十五日(五七日)、四十九日(七七日)の法要を
すませたことを報告します。

神式

挨拶状の趣旨は仏式と同じ。ただし「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」など
仏式用語は避けます。

キリスト教式

挨拶状の趣旨は仏式と同じ。神式同様、仏式用語は避け「忌」という言葉も使いません。
「急逝」「永別」「神のみもとに召され」などの言葉を使います。

対象商品
3357
キーワード
ブランド
  • ブランドを選択する