阪急の父の日ギフト2022 阪急の父の日ギフト2022

今年の父の日は6月19日(日)。
おいしいもの好きのお父さんに、日ごろの感謝の気持ちを込めて。
じっくり味わってほしい、こだわりの美味をご紹介。

注目!気になる売れ筋
人気ランキング

迷ったらこれ!
バイヤーおすすめピックアップ

バイヤーおすすめ商品をもっと見る

知っておきたい父の日のこと

  • 父の日の由来

    毎年6月の第3日曜日に祝われる「父の日」。その由来は、20世紀のアメリカに生きたジョン・ブルース・ドット夫人の嘆願がきっかけでした。ドット夫人は小さなころにお母さんを亡くし、お父さんが彼女を含む6人兄弟を男手ひとつで育てあげました。しかし子どもたちが成人した後、お父さんは若くして亡くなってしまいます。ドット夫人は偉大な父を讃えるべく、教会の牧師に「父の日を作りたい」と相談。お父さんの誕生月である6月に礼拝をしてもらったことが、父の日誕生のきっかけといわれています。1910年、最初の父の日のお祝いがおこなわれ、1966年には当時の大統領 リンドン・ジョンソンによって、6月の第3日曜日が父の日と定められました。国民の祝日として制定されたのは1972年で、「母の日」がアメリカの祝日になってから58年後のできごとでした。ちなみに父の日にはバラを贈るのが一般的です。これは、ドット夫人が父の墓前に白いバラをそなえたことが起源とされています。黄色いバラを贈るという日本の風習は、日本ファーザーズデイ協会がスタートさせた「父の日黄色いリボンキャンペーン」に影響を受けています。

  • 父の日にかける予算

    2022年6月19日(日)は「父の日」。みなさんはお父さんに贈るギフトはもう決まりましたか?ギフト選びの基準のひとつになるのが、予算です。安すぎればがっかりさせてしまうかもしれず、高すぎれば逆に気を遣わせてしまうことも。いったい、世間では父の日にどれぐらいの予算をかけているのでしょうか。ある調査によると、父の日の予算にかけてもいい金額帯として「4,000~5,000円未満」と答えた人が19.4%で1位に。2位は「2,000~3,000円未満」で15.4%、3位は「3,000~4,000円未満」で14.6%となったことがわかりました。特別感を重視しようとすると、おのずと高めの品物を選ぶことに。4,000〜5,000円未満というのは、安すぎず高すぎないちょうどいい価格帯として一般には認知されているようです。ただギフト選びで一番大切なのは、予算をいくらに設定するかではなく、言うまでなくお父さんへの感謝の気持ちです。思いが伝わる品物であれば、どんな価格でも喜んでくれるはず。一年に一度のこの日を、あなたと家族の大切な日に。

  • 父の日にかける予算の相場

    父の日にかける予算の相場は、「4,000~5,000円未満」が一般的なようです。4,000円未満であれば、フラワーギフトやミニブーケはもちろん、肉や魚介のギフト、トレンドのお菓子、各種お酒などが選ばれやすい傾向にあります。5,000円前後だと、大型のホールケーキやブランド牛のすき焼き、うなぎの蒲焼き、有名ブランドのお菓子詰め合わせなど、箔がついたギフトも選択肢に入ってきます。商品のラインアップが幅広いのは、3,000〜4,000円台。この価格帯なら、受け取る側の気遣いもないかもしれません。ギフト選びで注意したいのが、「母の日」で贈った品物の価格とバランスをとること。価格を明かすことはないでしょうが、もしお父さんの耳に入りでもしたらがっかりさせてしまう可能性もあるでしょう。またお父さんのライフスタイルも考慮に入れるのも大切です。現役でバリバリ働いているのか、仕事をリタイアして悠々自適な暮らしを送っているのかで、もらってうれしい品物は変わってくるでしょう。まずは本人の好みやほしいものをあらかじめリサーチしておくのがベターです。

  • 海外の父の日事情

    「父の日」はお父さんへの日頃の感謝の気持ちを伝える日。日本では、黄色いバラのブーケやギフトを贈るのが一般的ですが、世界ではどのように祝われているのでしょうか。海外の父の日事情をご紹介します。父の日発祥のアメリカでは、日本と同様に毎年6月の第3日曜日に祝われます。日本との違いは祝日に制定されていること。家族みんなが家に集まって食事をしたりゲームをしたりと、団欒のひとときを過ごすことが多いようです。イギリスでも6月の第3日曜日にお祝いがおこなわれ、花やメッセージカードを贈るのが通例。バラの花を贈るとは決まっておらず、花言葉にこだわってその年ごとに花を選ぶことが多いようです。ドイツの父の日は、キリスト教の「昇天祭」と一緒におこなわれます。他国と毛色が異なるのは、お父さん同士が集まってお酒を楽しむ日ということ。仕事から解放され、思いっきり盛り上がるのが定番です。韓国に父の日は存在しませんが、毎年5月8日が「オボイナルの日(父母の日)」という両親を敬う日とされています。儒教の影響が色濃く残る韓国では「親に孝を尽くすこと」が美徳とされ、花やギフトなどを贈って両親に感謝の気持ちを伝えます。

  • 父の日にバラを贈る意味

    いつも家族を見守ってくれてありがとう−−。毎年6月の第3週におこなわれる父の日には、お父さんへの日頃の感謝の気持ちを伝えるという意味があります。そもそも父の日を提唱したのは、20世紀に生きたジョン・ブルース・ドット夫人というアメリカ人の女性。男手ひとつでドット夫人を含む兄弟6人を育てあげたお父さんを讃えるべく、教会の牧師に「父の日を作れないか」と相談をもちかけたのが起源といわれています。そんなドット夫人、父の墓前に白いバラを供えていたそうです。このことがきっかけで、父の日にバラを贈るという習慣が定着しました。では、なぜ日本では黄色いバラを贈るのでしょうか。これは、1981年に設立された日本ファーザーズデイ協会がおこなった「父の日黄色いリボンキャンペーン」の影響といわれています。お父さんへの感謝を表す黄色いリボンと、アメリカで定着して世界に広がったバラのギフト。このふたつが一体化し、「黄色いバラを贈る」という日本独自の風習が生まれたのです。

特集一覧

  • 父の日に贈りたい食べ物ギフト

    2022年の父の日は、6月19日(日)。お父さんへの感謝の気持ちを伝える日に贈りたい、特別な食べ物ギフトをセレクトしています。ビールや日本酒、ワインなどのアルコールから、ブランド肉、洋菓子、和菓子、乾物、お惣菜まで幅広いジャンルをラインアップ。お父さんの好みに合うとっておきの逸品が見つかるはず。商品一覧はこちら

  • 父の日のうなぎギフト

    グルメなお父さんも納得の国産うなぎを父の日のプレゼントに。定番のうなぎの蒲焼きはもちろん、うなぎ弁当、うなぎ鍋、うなぎ茶漬け、うなぎ飯蒸しなど、ふだんは滅多に食べられない品々をご用意しています。いろいろな味を試すなら、バラエティセットや詰め合わせセットがおすすめ。うなぎを食べて、これからやってくる暑い夏を元気に乗り切ってもらいましょう。商品一覧はこちら

  • 父の日のお肉ギフト

    お父さんへの日頃の感謝の気持ちを込めて、ブランド肉のギフトを贈ってみませんか?霜降りと赤身が鮮やかな黒毛和牛、プロが目利きしたヘレシャトーブリアン、焼肉の格がワンランク上がる特上ホルモンなど、目も舌も楽しいさまざまなギフトが勢揃い。焼き鳥セットやイタリア産の生ハムなど、晩酌のおつまみにも最適な品も多数取り揃えています。商品一覧はこちら

  • 父の日の魚ギフト

    今年の父の日は、いつもと趣向を変えて“海の幸”をギフトに。上品なとらふぐ、脂の乗った紅鮭、ぷりぷりのタラバガニ……特別な日にぴったりの極上の魚ギフトをセレクトしました。お酒好きのお父さんには、ウニやカラスミ、魚介の乾物などのおつまみギフトを。予算に合わせて、これぞという逸品を選んでみてください。商品一覧はこちら

  • 父の日のお酒ギフト

    お酒が好きなお父さんも納得のギフトをセレクトしました。阪急フードの和洋酒のセレクションでは、ビールや日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーといった世界中のお酒を百貨店ならではの目利きで厳選。幅広いラインアップを取り揃えています。お父さんの好みに合わせて、特別なひと品をお選びください。商品一覧はこちら

  • 父の日のビールギフト

    ギフトの定番といえばビール。世界に誇る日本のビールブランド・サントリーから、「ザ・プレミアム・モルツ」の最高峰『マスターズ・ドリーム』が入ったセットをお届けします。効率や生産性ではなく、素材や製法にとことんこだわり、ただうまさだけを追い求めた「醸造家の夢」のビール。深く長い余韻が楽しめる贅沢なビールを、父の日のギフトに。商品一覧はこちら

  • 父の日のウイスキーギフト

    お酒を嗜むお父さんに、阪急が厳選した最高級のウイスキーギフトを。「阪急の和洋酒セレクション」から、個性的でありながら本格志向の品々をご用意しました。お気に入りの安楽椅子に座りながら、ゆったりとグラスを揺らすお父さん。大人の男性のリラックスタイムにぴったりなプレゼントになるはずです。商品一覧はこちら

  • 父の日の日本酒ギフト

    日本酒通のお父さんも思わず唸る至極の一本を取り揃えました。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米酒など日本各地の銘酒から、お父さんの好みの品をお選びください。日本酒に合う肉や魚、おつまみと一緒にプレゼントすれば、ふだんの晩酌も特別な時間に。高級感のあるギフトで、いつもより華やかな父の日を。商品一覧はこちら

  • 父の日の焼酎ギフト

    焼酎派のお父さんにぴったりなギフトをセレクトしました。芳醇な香りとまろやかな味わいの芋焼酎、長期熟成のしっかりとした風味が楽しめる麦焼酎。お父さんへの日頃の感謝の気持ちとともに、バイヤーが厳選したこだわりの品をプレゼントしてみませんか?商品一覧はこちら

  • 父の日のワインギフト

    父の日のギフト選びに迷っているあなたは、ワインギフトを贈ってみましょう。高級感、品のよさ、味わい。どれをとっても特別な日の演出にふさわしいチョイスです。お手頃価格の品から数万円台の上質な一本まで、バラエティ豊かに用意しています。赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、ロゼワイン……あなたのセレクトは?商品一覧はこちら

  • 父の日のおつまみギフト

    今年の父の日は、プレミアムな晩酌の時間をプレゼントしてみませんか?日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキー……お父さんがいつも飲んでいるお酒をリサーチしたら、阪急フードがセレクトした世界のおつまみをのぞいてみてください。お漬物やお惣菜、珍味、ハムなど、お父さんの舌に合う品がきっと見つかります。商品一覧はこちら

  • 父の日のスイーツギフト

    甘党のお父さんも大満足の絶品スイーツを、父の日に贈ってみませんか?ケーキやゼリー、クッキー、フィナンシェなど数々の品をジャンル豊富に取り揃えています。紅茶やコーヒーとセットで贈れば、仕事や家事と忙しい毎日を送るお父さんの癒しのスイーツタイムに。あなたのセレクトで、お父さんの午後のひとときを彩ってみてください。商品一覧はこちら

  • 父の日のケーキギフト

    今年の父の日は、お取り寄せの高級ケーキで感謝の気持ちを伝えてみては?定番のショートケーキはもちろん、チーズケーキ、フルーツケーキ、ティラミス、タルトなどよりどりみどりの品揃え。アンリ・シャルパンティエのチョコレートケーキやパティスリーキハチのマロンミルフィーユなどお好みのケーキをお届け。オリジナルのメッセージプレートを付けて、誕生日を祝うように、年に一度のこの日を特別な日にしませんか。商品一覧はこちら

  • 父の日の和菓子ギフト

    全国各地の銘菓が一堂に集結した阪急フードで、とっておきの逸品を。バイヤーの目利きで選んだこだわりの品を紹介しています。羊羹や最中、お饅頭などはもちろん、スイーツが苦手なお父さんでも召し上がれる甘さ控えめの和菓子も。お菓子を入れる箱にも品が漂い、特別な日の贈り物に最適です。商品一覧はこちら

  • 父の日のコーヒーギフト

    いつものコーヒーブレイクをグッと豪華に演出するならコーヒーギフトセット。コーヒー派のお父さんに贈りたい専門店のコーヒーを数多く取り揃えています。気軽に飲めるドリップバッグタイプから、特別な一杯を味わえるハンドドリップタイプまで、シーンに合わせたギフトが勢揃い。コーヒーに合うスイーツと一緒に贈ってみるのもおすすめです。商品一覧はこちら

  • 父の日のフルーツギフト

    今年の父の日は、みずみずしいフルーツをギフトに。高級感のある単品販売のメロンから旬の果物の詰め合わせまで、幅広い品揃えで紹介しています。いつもとは違うおしゃれな贈り物に、お父さんもきっと驚くはず。フルーツでおいしく体を労ってもらいながら、これからの健康を願ってみてはいかがでしょうか。商品一覧はこちら

  • 50代のお父さんに贈る父の日ギフト

    まだまだ働き盛りの50代のお父さん。仕事や家事に忙しくしているお父さんが喜ぶ特別なギフトをセレクトしました。ふだんは味わえない名店の味、遠方まで足を運ばないと食べられない貴重なグルメなど、さまざまな品物をラインアップ。お肉やお酒、洋菓子、和菓子、フルーツといった多様なジャンルのなかから、お父さんの好みに合わせて選んでみてください。商品一覧はこちら

  • 60代のお父さんに贈る父の日ギフト

    60代のお父さんへのギフトを選ぶ際は、事前のリサーチが大切です。仕事中心の生活から時間のゆとりが生まれた今、新たな趣味に目覚めたり、味の好みが変わっていたりすることも。プレゼントを買う前にお母さんにこっそり聞いてみましょう。目星をつけたら、阪急フードをチェック。味にうるさいお父さんも喜ぶハイクラスなグルメを取り揃えています。商品一覧はこちら

  • 70代のお父さんに贈る父の日ギフト

    70代のお父さんへの父の日ギフトには、こってりした濃いめの味付けよりも、あっさりと食べやすいグルメを選ぶのがベターでしょう。旬のフルーツや新鮮な海の幸、上品な甘さの和菓子などをお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?食の経験が豊かな男性でも満足できる品々を幅広くセレクトしました。商品一覧はこちら

  • 80代のお父さんに贈る父の日ギフト

    いつまでも健康で元気に過ごしてほしい。そんな気持ちが伝わる、80代のお父さんに贈る特別なグルメギフトを厳選しました。誰もが知る老舗のお菓子や料亭のお惣菜、高級フルーツなど、幅広い品揃えでご用意しています。お父さんの好みや健康状態に合わせて選んでみてください。商品一覧はこちら

こちらもおすすめ