第18回 阪急 蔵元まつり
第18回 阪急 蔵元まつり

『阪急蔵元まつり』の承りは終了いたしました。
2022年をお楽しみに。

お問い合わせはこちら

会場とオンラインストアでは、特集の8蔵に加え、日本各地から全35蔵が集結。お気に入りの日本酒を見つけて、とっておきの時間をお過ごしください。 〈会場会期〉12.3(金)〜5(日)【3日間限り】

※5日(日)は午後7時閉場 ※閉場の1時間前までにご入場ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業日・営業時間・営業内容を変更する場合がございます。
※売場の混雑を避けるため、ご入場を制限させていただく場合がございます。
※お酒の試飲・販売は20歳以上の方に限らせていただきます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、試飲を自粛させていただく場合がございます。

9階 阪急うめだホール 会場MAPを見る

01.次世代を担う、8人の蔵元。

  • 「佐藤酒造店」出羽の冨士

    良い酒は、自由で楽しい職場から!

    蔵元紹介

    秋田県「佐藤酒造店」代表取締役社長
    佐藤 博之さん
    代表銘柄:出羽の冨士

    楽しくないと良いパフォーマンスを発揮出来ない、という経験に照らし、近年、当社はより自由な社風を核とし、より楽しい職場作りに力を入れています。これにより、皆が一層生き生きと自主的に行動出来るようになり、品質向上の面でも著しい成果を挙げています。これからも、自由で楽しい酒造りを通じ、より多くの人が幸せになれるよう努めたいと思います。

    「佐藤酒造店」の商品を見る

  • 「板野酒造本店」笹正宗

    1818年創業、伝統とモダン。土地、水、人が醸す酒。

    蔵元紹介

    福島県「笹正宗酒造」代表取締役社長
    岩田 悠二郎さん
    代表銘柄:笹正宗

    1818年創業で蔵が国の有形文化財に登録されています。現在は喜多方の米農家と連携し、多くの酒米を契約栽培しております。蔵近郊の風光明媚な景観を守るために自社で酒米の栽培等を行うことを視野に入れ、将来的には米のすべてを喜多方産米にすることを目指しています。

    「笹正宗酒造」の商品を見る

  • 「加賀の井酒造」加賀の井

    丁寧に、そして常により美味しいを追い求めて。

    蔵元紹介

    新潟県「加賀の井酒造」第十八代蔵元
    小林 大祐さん
    代表銘柄:加賀の井

    必要以上の濾過に頼らず、日本酒らしいふくらみのある味と透明感を大切に、自蔵の特徴である「中硬水」の仕込水との相性を考えながらバランス良く表現する事を意識しています。大火を受け新造した酒蔵は、建物内を低温で維持できる環境が整備でき、冬季以外の酒づくりが可能となりました。仕込みの期間が長くなっても、基本に忠実な酒づくりの精神は変えずに向き合っています。

    「加賀の井酒造」の商品を見る

  • 「山陽盃酒造」播州一献

    伝統の技と、最新の技術の融合。

    蔵元紹介

    兵庫県「山陽盃酒造」杜氏
    壺阪 雄一さん
    代表銘柄:播州一献

    天保8年(1837年)の創業から184年。本年度より新たな蔵も完成し、今、歴史のなかでもっとも大きな改革が行われようとしています。先祖代々受け継いだ経験や知識などの「歴史」と、新しい技術やアイディアとを融合し、さらに進化した「播州一献」を醸せるよう蔵人一同意気込んでいます。100年先も愛される酒蔵であるよう、未来に繋がる新たな「一歩目の年」という強い覚悟で、皆様により一層喜んでいただける最高の食中酒をお届けできるよう精進して参ります。進化した「播州一献」にどうぞご期待ください。

    「山陽盃酒造」の商品を見る

  • 「梅乃宿酒造」梅乃宿

    新しい酒文化を創造する蔵。

    蔵元紹介

    奈良県「梅乃宿酒造」代表取締役社長
    吉田 佳代さん
    代表銘柄:梅乃宿

    歴史を重ねながら学んできたことをもとに、日本酒の可能性を探る。それが、梅乃宿の新たなる挑戦です。グローバル化が加速する時代のなかで、日本酒の楽しみ方はさらなる広がりを見せています。だからこそ次の流れをつくり、多様な楽しみ方を提案することで、梅乃宿のファンを増やしたいと考えています。新しい酒文化を創造する蔵へ。梅乃宿は、新しい一歩を踏み出しています。 

    「梅乃宿酒造」の商品を見る

  • 「辻本店」御前酒

    雄町の未来は、御前酒が醸す。

    蔵元紹介

    岡山県「辻本店」代表取締役社長
    辻 総一郎さん
    代表銘柄:御前酒

    山間部の小さな蔵元である我々のできることに限りはありますが、だからこそひとつを突き詰めて探求し深化させたい。岡山が誇る雄町のポテンシャルを引き出した酒造りを通し、地域の価値を後世に繋げたいと考えています。当蔵が所在する真庭市周辺での契約栽培、県内各所での雄町生産者の皆様と連携を図りながら、雄町を通じた価値創造に取り組んで参ります。

    「辻本店」の商品を見る

  • 「藤井酒造」龍勢

    彩り豊かな故郷の風土を、地元竹原から。

    蔵元紹介

    広島県「藤井酒造」専務
    藤井 義大さん
    代表銘柄:龍勢

    技術が発展し便利になった一方で、地域固有の風土や伝統は失われつつあると感じています。生まれ育った土地の文化を後世に残していきたい!と強く想い、酵母無添加の生造りや自然栽培での米作りなど地元竹原の特徴を活かした取り組みをはじめています。そして竹原から風土豊かな日本の魅力を国内外に伝えていきたいです。

    「藤井酒造」の商品を見る

  • 「土佐酒造」桂月

    活気ある故郷にするため、地元産にこだわって。

    蔵元紹介

    高知県「土佐酒造」代表取締役社長
    松本 宗己さん
    代表銘柄:桂月

    酒蔵のある土佐町は過疎化・高齢化が進んでいます。都会で暮らす中で故郷の大自然の魅力に気づきました。この現状を見て、故郷の明るい未来を描くために持続可能な産業を打ち立て、夢のある仕事を創り出すことを決意。“100%地元産の原料にこだわった酒造り”で地域の活性化に取り組みはじめています。

    「土佐酒造」の商品を見る

03.会場・酒談義のご案内

会場ではトークイベントも開催 聞いて、学んで、楽しむ 酒談議

※酒談議のご予約承りは11月30日(火)まで。

酒談議のご予約はこちらから

04.オンライン接客のご案内

コンシェルジュに日本酒相談 ご自宅でもお買い物!

※詳しくはお申し込みフォームをご確認ください。
※スマートフォンやパソコンでご参加いただくオンライン形式の販売です。

オンライン接客のご予約はこちらから

※オンライン接客のお申込み承りは11月27日(土)午後8時まで。 

オンラインストアをご利用の前にお読みください

[お届け日について]

①11月22日(月)から30日(火)までのご注文
12月11日(土)から17日(金)の間でご指定可能
②12月1日(水)から12日(日)までのご注文
12月18日(土)から26日(日)の間でご指定可能
  • ※ただし、お届け地域により異なります。
  • ※お届け日を必ずご指定ください。

[おことわり]

  • ・蔵元まつりイベント内で、同一の配送形状の商品とのみ、抱き合わせ(同梱)でのお届けが可能です。
    常温と冷蔵をまとめてお届けすることはできません。
  • ・一部お届けできない地域がございます。
  • ・在庫状況により商品がご用意できない場合は、弊社よりご連絡をさせていただきます。