阪急百貨店自慢のスイーツストリート ここでしか味わえない限定ブランドも人気の定番ブランドも

阪急うめだ本店 地下1階。
話題のスイーツショップが軒を連ねる「阪急スイーツストリート」をはじめ、
オンラインショップだけの特集や注目の和菓子ブランドをご紹介。
お祝いやギフト、手土産、お取り寄せに。
ネットでのお買い物をお楽しみください。

注目の特集

人気の洋菓子ブランド

アンリ・シャンパンティエ

1969年、文化豊かな街 芦屋に生まれた
アンリ・シャルパンティエ。大切にしてきた想いは、お客さまに洋菓子を通じて「幸せ」「喜び」「驚き」を届け、新しい文化を作ること。

五感

大阪・北浜に本館があり、関西のみに出店。『火・水・風・土・愛』をテーマとし、“人・鮮度・素材・旬・和”にこだわった心のお菓子を作り出すお店。日本の農業を生かした、日本の洋菓子の本物のおいしさを追求しています。

クラブハリエ

人々が集い語らう「倶楽部(クラブ)」のようにあたたかく、キラキラと輝くガラス絵「玻璃絵(ハリエ)」に夢をみて―。クラブハリエの洋菓子づくりのきっかけは、数々の名建築を遺したウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏との出会いから。近年では、多くの職人が切磋琢磨しながら技術や感性を育み、その個性あふれる“色”で、「玻璃絵=ハリエ」というひとつの絵を描いています。

ビスキュイテリエ ブルトンヌ

豊かな海と自然に囲まれ、世界的にも有名な
〈ゲランドの塩〉や良質な乳製品の産地として
知られるブルターニュ。その恵みを生かして
古くから作られてきたブルターニュの地方菓子を中心に、素朴ながらも味わい深い、焼き菓子の
本当の美味しさをお届けします。

シュガーバターの木

全粒粉やライ麦仕立てのバターリッチなシリアル
生地に、とろけるショコラのミルキーな味わいで、
ファンを魅了し続けるTHEシリアルスイーツ専門店。
阪急でしか手に入らない限定品は、
特に人気を集めています。

casaneo

ブランド名の『casaneo(カサネオ)』は、
「重ねる」をローマ字表記したCASANERUに、
「新しい」という意味を持つ、ギリシャ語の neoを組み合わせた造語。
“重ねることで新しいおいしさを生み出す”という想いと姿勢をあらわしています。

エシレ・マルシェ オ ブール

フランス産発酵バター「エシレ」関西初の専門店。
フランスのマルシェのようなみずみずしさ溢れる店頭では、エシレバターのフルラインの品揃えはもちろん、エシレをふんだんに使用して、その場で焼き上げた焼き菓子などをご紹介します。

洋菓子をもっと見る

人気の和菓子ブランド

とらや

『とらや』は室町時代後期の京都で創業し、後陽成天皇の御在位中(1586~1611)より、御所の御用を勤めております。
「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」ことを理念とし、これからも挑戦を続けます。

たねや

創業明治5年、近江の老舗和菓子舗。
豊かな風土の中に感性を磨き、歳時、めぐる想いを託した四季折々の和菓子をお届けいたします。

黒船

「カステラ」は16世紀にポルトガルより船で運ばれ日本に伝わりました。
時と技術を重ね、日本の伝統菓子として成長したカステラ。今度は日本から世界へ。
「つくりたてを、つくりたくて。」をコンセプトに、カステラの新しい魅力を提案します。

叶 匠壽庵

1958年滋賀県大津市にて創業。
菓子づくりの素材となる農作物を自ら育てるため、寿長生の郷に農園を開き、「農工一体の菓子づくり」を目指しています。梅や柚子、さらには牡丹、椿などの樹々や草花が成長する姿を見、そこに集まる昆虫や鳥、獣たちと接することで自然に学び、さらなる創作へ挑戦していきます。

鶴屋吉信

江戸時代の享和三年(1803)、初代鶴屋伊兵衛によって創業。
代々伝えられる家訓「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事」を守り、材料を選び、製法を磨き、骨身を惜しまず、京菓子作りに励んでいます。

京らく製あん所

小豆のほのかな香りと甘さに癒される“餡”のスイーツ。「京らく製あん所」は、“餡”の魅力をもっと引き出したい、どの世代にも楽しんでほしいという思いを込めて、伝統ある銅釜直火炊きの餡が自慢の製餡所と、お菓子をプロデュースする会社がタッグを組んで立ち上げたブランドです。

アンドオコシ

大阪名物岩おこしの老舗「あみだ池大黒」が手がける、日本初の“プレミアムモダンおこし”専門店。
日本の伝統的なおこしの製法と、西洋で愛される軽やかなフレーバーが出会って誕生した豊かな味わいが自慢。

和菓子をもっと見る

阪急生まれのブランド