バレンタイン チョコレート博覧会2022 オンラインストア

承り期間:2月7日(月)まで※商品やお支払い方法により承り期間、お届け期間は異なります。

阪急バレンタインチョコレート博覧会を楽しもう!
会場やオンラインストアの情報をお届け。

lineアイコン

LINEお友だち登録はこちら

チョコでつながる、しあわせ

年に1度のチョコレートの祭典が今年も!
今だけ、ここだけの阪急限定チョコはもちろん、海外・国内のショコラティエが続々登場。
チョコレートを通してみんなが笑顔に。

チョコ好きが注目

公式インスタグラムでいいね!の多いアイテムをピックアップ

今年のイチオシ!バイヤーズセレクト

  • オンラインショップ限定商品。100年続くショコラティエの伝統が息づく、ブリュイエール選りすぐりの人気フレーバーが18種類・40粒入った贅沢なセレクションです。

    「ブリュイエール」
    ブリュイエール セレクション 40

    ¥9,720

    購入する
  • カカオの外皮カカオハスクを練りこんだ最中種と、チョコレートと小豆餡を合わせて練り上げたチョコレート餡、カカオの果肉カカオパルプと白あんを合わせたカカオパルプ餡のセットです。

    「ぎんざ空也 空いろ」
    カカオの実丸ごともなか

    ¥2,700

    購入する
  • あまおう苺のピューレを使用した甘酸っぱいトリュフ。なめらかな口どけから広がる苺の酸味とミルキーなホワイトチョコレートとの調和がたまらない一品です。

    「和楽紅屋」
    あまおう苺トリュフ 6個入

    ¥2,301

    購入する
  • “宇宙(ほし)の輝き”を表現した太陽系8惑星の全てのショコラが味わえる、惑星ショコラ8個セット。

    「ショコラブティック レクラ」
    惑星の輝き 8個入り

    ¥4,320

    購入する
  • フェアトレードカカオを使用した「ベルギー文化・フルーツとの融合・カカオ産地別の違い」の3つのテーマを持った特徴ある9種のボンボンコレクション。

    「ガレー」
    プレミアムアソート9個入

    ¥3,564

    購入する
  • 枡に見立てたショコラの中に、日本の素材をジュレにし、流し込みました。日本全国から集めたお茶の香り良いチョコレート。

    「ベルアメール 京都別邸」
    瑞穂のしずく お茶 5個

    ¥1,620

    購入する
  • フランス語で「花束」という意味の新作ショコラセット。SNSを通じて集まったアイディアやご要望から、サントスシェフがイメージを膨らませて作り上げました。

    「クリオロ」
    ブーケ・ドゥ・フルール

    ¥3,240

    購入する

人気のコンテンツ

知っておきたいバレンタインのこと

  • バレンタインデーに贈るチョコレートやお菓子の意味とは

    バレンタインデーは大切な人へチョコレートとともに想いを伝える一大イベントです。
    最近ではマカロンやクッキーを詰めたギフトの人気が高まっていますが、実はお菓子それぞれに特別な意味があります。
    本命向きのお菓子は、“あなたは特別な存在”を意味するマカロンや“幸せを重ねる”という意味のバウムクーヘン。“あなたは特別な人”の意味をもつカップケーキもおすすめです。好意を伝えたいのであれば、貝殻型のマドレーヌやキャンディーを。それぞれに“仲良くなりたい”“あなたが好き”という意味があります。お友達への贈りものなら、クッキー(意味:友達でいよう)、キャラメル(意味:一緒にいると安心する)がぴったり。
    一方、バレンタインギフトの定番、チョコレートには特別な意味がありません。“いただいた気持ちを返す”の意味をもつとの説もありますが、いずれにしても、贈る相手との関係性に応じて気持ちや感謝を込められる、使い勝手の良いお菓子といえるでしょう。
    今度のバレンタインデーでは、ぜひ贈る相手への想いに合ったお菓子を選び、想う相手と関係を深めるより良い機会としてください。

  • バレンタインデーの由来

    バレンタインデーは、3世紀のローマ帝国時代に殉教したヴァレンティヌス司教(英語読みでバレンタイン)に由来します。その頃のローマ帝国は、皇帝グラディウス2世がキリスト教を迫害し、兵士の士気に悪影響をおよぼすからと兵士の結婚を禁じていた時代。
    そんななか、ヴァレンティヌス司教は宣教に奔走し、病める人や苦しむ人への助力を惜しみませんでした。結婚を望む兵士の嘆きを聞き、密かに兵士の結婚式を執り行い、結婚した幸せなカップルには庭で摘んだ花を贈って祝福しました。
    禁令に背いたヴァレンティヌス司教は投獄されますが、獄中でも目の見えない女性のために祈りを捧げ、その瞳に光を与えるという奇跡を起こします。女性の家族が、当時異教とされていたキリスト教に改宗したことで皇帝の怒りを買い、ヴァレンティヌス司教は2月14日に処刑されました。彼の死後、2月14日は“聖ヴァレンティヌス司教の日(英語でSaintValentine’sDay)”と定められたのです。
    1969年の典礼改革により、2月14日は別の聖人の日となりましたが、今でも聖ヴァレンティヌス司教は、幸せな結婚を導く守護聖人として崇敬されています。
    ※諸説あり

  • バレンタインデーの歴史

    バレンタインデーの名称は、3世紀の2月14日に殉教した“聖ヴァレンティヌス司教の日(英語でSaintValentine’sDay)”にちなんでいます。司教が聖人に列せられたのちのローマでは、毎年同日に司教の死を悼む宗教行事が行われていました。
    バレンタインデーにロマンチックな慣習が生まれたのは、14世紀頃のこと。男女間で、愛の言葉を記したカードを渡す習慣が広まりました。聖ヴァレンティヌス司教が殉教する前、彼の祈りで目が見えるようになった女性に、署名付きカードを贈ったことに由来するという一説も。
    また、旧暦の2月14日頃は鳥がつがいとなる相手を選ぶ時期と重なるため、愛の告白にふさわしい日と考えられるようになったという説もあります。
    一方、日本では、1960年代頃からバレンタインデーが流行。1970年代には、女性から男性へチョコレートを贈る独自のスタイルが定着しました。海外ではカードや花束、お菓子などを大切な人、たとえば恋人や家族、友人に贈りますが、チョコレートが主役となるのは日本ならではです。その後、本命チョコや義理チョコ、友チョコ、自分へのご褒美チョコなど、バレンタインデーのチョコレートの贈り方や楽しみ方は多様に変化しています。

  • バレンタインデーの海外事情

    2月14日のバレンタインデーは、世界各地で愛がささやかれる日。日本では女性から男性にチョコレートを贈るのが定番ですが、海外ではどうなのか。
    バレンタインデーの発祥地、イタリアでは、2月14日は“恋人たちの日”とも呼ばれ、恋人同士や夫婦がカップルで過ごす日です。男性から女性へ、赤いバラを贈るのがイタリア流。
    英国では、カップル同士がカードやチョコレート、花などを交換し合います。バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は英国が発祥との説も。1868年に「キャドバリー」社が発売した美しいチョコレートボックスやハート型のバレンタインキャンディボックスが人気となり、以来、チョコレートを贈ることが定着しました。
    アメリカの2月14日は、愛する人や親しい人に“愛と感謝を伝える日”。カップルはロマンチックな夜を過ごし、家族とはカードやプレゼントを交換します。人気の高いギフトはバルーン。バレンタインシーズンには、ハートの形やLOVEの文字型バルーンなどが登場します。
    韓国は日本と同様、女性から男性にチョコレートを贈るスタイルが一般的。本命の相手には、バスケットいっぱいにチョコレートを詰め、華やかにラッピングして贈るのが定番です。

  • バレンタインデーに贈るチョコレートの相場

    バレンタインギフトは、贈る相手との関係性に合わせて買い分けている方が多いでしょう。目安となる相場を知っておくと、適切な品を探しやすく、かつ選ぶのが楽しくなります。
    恋人や夫へ贈る場合は、3,000~5,000円が相場です。2人で一緒に食べることを想定し、5,000円くらいのリッチなチョコレートを奮発するのもおすすめです。ほかのプレゼントと一緒に贈る場合は、チョコレートは3,000円前後のものを目安に。
    片思いしている男性へ贈る場合は、高価なものは避けたほうが無難です。価格は2,000円台が相場。相手の好みがわからない場合、優等生タイプなら知名度の高い老舗ブランドのチョコレートを、個性的なタイプならユーモアのあるものといったように、人柄に合わせて選んでみてはいかがでしょう。
    職場の上司や同僚へ贈るチョコレートは、感謝の気持ちを伝えるものです。目安は500~1,000円前後。外出やリモートワークで不在だったり、家に持ち帰ったりするケースも多いため、個包装タイプがおすすめです。
    友達へ贈るなら、1,000~2,000円のものが相場。かわいいもの好き、フルーツ好き、限定品好きなど、相手の好みに的を絞ってチョコレートを選べば、絆を深める良い機会となりそうです。

  • バレンタインデー用のチョコレートの保存方法

    心を込めて選んだチョコレート。バレンタインデー当日まできちんと保存し、おいしい状態で渡したいものです。
    チョコレートの保存に適した温度は15~22℃だといわれています。冬場であれば常温保存で問題ありませんが、チョコレートは28℃くらいで溶け始めるので、暖房の効いた部屋での保存には注意が必要です。また、直射日光や湿気も品質劣化の原因となるため、高温多湿を避けられる冷暗所が適しています。
    たとえば、キッチンのシンク周りの上棚や下棚は食品保存に向いています。ただし、コンロや電子レンジ、オーブンの周囲は熱がこもりやすいので避けるべき。ほかにも、暖房を使わない部屋のクローゼット、ワインセラーの中などもおすすめです。
    冷蔵庫での保存は、チョコレートのなめらかな歯触りや風味が落ちたり、ほかの食品の匂いがうつったりする場合があるため、良い選択肢とはいえません。ただし、生チョコレートやガナッシュチョコレートなどは要冷蔵のケースも。その場合は、湿気や匂いうつりを避けるため、ジップ付きの保存袋にいれて冷蔵してください。購入するときに、保存方法を確認しておくと安心です。

特集一覧

  • バレンタインチョコレートおすすめカテゴリー

    甘くロマンチックなバレンタインシーズンが到来。今年は誰にどんなチョコレートを贈ろうか…とワクワクしながら選ぶ時間も、この時期ならではの楽しみです。今年おすすめのチョコレートをご紹介。期間限定商品や注目のチョコレートが目白押しです。商品一覧はこちら

  • 生チョコレート

    チョコレート生地に生クリームを合わせて練り込んだお菓子です。ひと粒食べれば、やさしい口溶けとともに、濃厚でまろやかな風味が口いっぱいに広がります。とっておきのセレクションから、大切な方への贈り物や自分へのご褒美をお選びいただけます。商品一覧はこちら

  • フルーツチョコレート

    幅広い世代から人気を集めるフルーツチョコレート。チョコレートのコクと甘さ、果物の甘酸っぱさがマッチし、食べ飽きないところも魅力です。見た目も味わいも華やかなので、本命の相手へ贈るギフトはもちろん、友チョコや自分へのご褒美チョコにもおすすめ。多彩なアイテムが登場します。商品一覧はこちら

  • トリュフチョコレート

    トリュフチョコレートとは、生クリームとチョコレートを合わせて作るガナッシュを球状にし、ココアパウダーやココナッツなどをまぶしたボンボンショコラ(詰め物をしたひと口サイズのチョコレート)のこと。砕いたナッツをまぶしたものなど、バレンタインギフトにおすすめのラインアップを揃えました。商品一覧はこちら

  • ハイカカオチョコレート

    甘いものが苦手な方へバレンタインギフトを贈るなら、甘さひかえめのハイカカオチョコレートはいかがでしょう。一般的に、カカオの含有率が高いほど苦みや渋みがアップするので、比較的食べやすい70~80%のものを選ぶのがおすすめです。豊富なラインアップから、相手の好みに合う品をお選びください。商品一覧はこちら

  • お酒不使用のチョコレート

    チョコレートやその外装を見ただけでは、お酒が使われているかどうかを判断するのはむずかしいもの。そこで、アルコールは全くダメという方でも安心して食べられる、お酒不使用のチョコレートを多数ご用意しました。未成年者、こどもがいるご家庭、お酒を嗜まれない方へのバレンタインギフトとして、ぜひご利用ください。商品一覧はこちら

  • 低糖質チョコレート

    健康意識の高い方へのバレンタインギフトに、おいしくて体にやさしいチョコレートが注目を集めています。カカオ含有率の高いチョコレート、砂糖不使用のチョコレートを各種取り揃えました。商品一覧はこちら

  • お茶を使ったチョコレート

    お茶を使った和テイストのチョコレートは、老若男女を問わず、甘いものが苦手な方にも好まれています。なかでも抹茶チョコレートは人気が高く、近年は香り豊かなほうじ茶を使ったチョコレートも注目を集め、新商品が続々と生み出されています。そんなお茶を使用したチョコレートを、バリエーション豊かに取り揃えました。商品一覧はこちら

  • 老舗ブランドチョコレート

    チョコレート選びに迷ったときは、老舗ブランドに頼ってみるのはいかがでしょう。長年にわたって多くのファンを虜にしてきた老舗のチョコレートは、芳醇な味と香り、安定感のある品質。誰もが覚えのある老舗ブランドのチョコレートを集めました。商品一覧はこちら

  • 個包装チョコレート

    職場の同僚やクラスメイトなど、大勢にまとめてバレンタインギフトを贈りたいときは、個包装されたチョコレートを選ぶと便利です。なんといっても衛生的で、コスパの面でも優秀。また、感謝の気持ちを込めるにしても、分けて配れば押し付けがましさがなく、贈られる側がプレッシャーを感じずに受け取れる点も魅力です。バレンタインデー気分を盛り上げてくれる、凝ったラッピングの商品を多数ご紹介します。商品一覧はこちら

  • 感謝チョコ

    いわゆる“義理チョコ”という言葉には、義理があるから付き合いで贈るという、ややネガティブなイメージがつきまといます。しかし本来は、日頃の謝意をチョコレートに託して贈るもの。最近では“感謝チョコ”というポジティブな言葉に置き換わりつつあります。ふだんお世話になっている方への感謝を込めた“感謝チョコ”。贈る相手に合わせて選べる多彩なチョコレートギフトを取り揃えました。商品一覧はこちら

  • 友チョコ

    友人同士で贈り合うからこそ、恋人へのギフト以上に気を抜けない“友チョコ”。おいしいのはもちろん、できれば手頃な価格で、それでいて特別感のある品を選びたいものです。SNS映えするかわいいもの、パッケージが宝石箱のようにおしゃれなもの、この時期しか入手できない話題性の高いものなど、送ったあとの会話の盛り上がりにもひと役買ってくれそうなチョコレートをピックアップしました。商品一覧はこちら

  • 1,000円以内のバレンタインチョコレート

    お世話になっている職場の同僚やクラスメイト、古くからの友人やママ友へ、バレンタインデーにチョコレートを贈る。そんな“感謝チョコ”や“友チョコ”に使いやすい、1,000円未満で購入できる商品をご用意しました。商品一覧はこちら

  • 1,000円台のバレンタインチョコレート

    買いやすい価格帯ということもあり、1,000円台のチョコレートはバリエーションが豊富。バレンタインシーズン限定の箱や缶に収めて販売するブランドも多く、高級感のあるパッケージには、ギフトを受け取る側の気分を高める効果も期待できそうです。大切な人の好みに合うギフトを見つけられるよう、味も見た目もバラエティ豊かなチョコレートを揃えました。商品一覧はこちら

  • 3,000円台のバレンタインチョコレート

    ちょっと高級で、その分食べたときの満足感が大きい3,000円台のチョコレート。恋人や夫への“本命チョコ”、お世話になっている方へ感謝を示すための“感謝チョコ”、自分への“ご褒美チョコ”など、さまざまなバレンタインギフトに重宝します。この価格帯のチョコレートには、各ブランドが特に力を入れているアイテムが多数。心から喜ばせたい人がいる方におすすめの品を厳選しました。商品一覧はこちら

  • ベルギーのチョコレートブランド

    ベルギーといえば、言わずと知れたチョコレート大国。詰め物入りのチョコレート、プラリネ発祥の地としても有名です。「ゴディバ」「ノイハウス」といったブランドは、ベルギーチョコレートの代表格。歴史と伝統、確かな品質を誇り、世界中のファンを魅了し続けている王道ブランドのチョコレートなら、誰に贈っても喜ばれるはずです。商品一覧はこちら

  • ドイツのチョコレートブランド

    意外かもしれませんが、ドイツはチョコレー トの消費大国。自宅で食べるおやつからちょっとした贈りものまでチョコレートの人気は高く、チョコレートの年間生産量でも世界上位にランクインしています。ドイツの定番、コクのあるミルクチョコレートなど、世界屈指のチョコ好きたちが愛してやまないチョコレートをバラエティー豊かにラインアップしました。商品一覧はこちら

  • イタリアのチョコレートブランド

    イタリアの各地には“チョコレートの街”が点在し、マニアが注目する専門店がたくさんあります。そんなイタリアでは、ナッツとチョコレートを混ぜて固めるジャンドゥーヤが主流。遊び心のある有名店の逸品など、美食の国 イタリアらしい多彩なチョコレートをご紹介します。商品一覧はこちら

  • フランスのチョコレートブランド

    老舗から新進気鋭の人気店まで、多くのチョコレートブランドが存在するフランスでは、ひと口サイズの詰め物入りチョコレートが主流です。味はもちろん細部のビジュアルにまでこだわるのは、芸術大国 フランスならでは。アートのように美しいチョコレートをはじめ、選りすぐりのおすすめブランドからギフトをお選びいただけます。商品一覧はこちら

  • 英国のチョコレートブランド

    英国のチョコレートといえばトリュフが有名です。「プレスタ」 などの英国ブランドは、多くがトリュフチョコレートを得意としています。大切な人への想いを込めた贈りもの、がんばっている自分へのご褒美としてふさわしい逸品ばかりです。商品一覧はこちら

対象商品
2269
ブランド
  • ブランドから探す